事務所概要

事務所名

平松国際税理士事務所

代表者

平松 直樹

保有資格等

税理士

代表者プロフィール

大手税理士法人であるKPMG税理士法人にて、約8年間、不動産証券化、リース会社及び税務デューデリジェンスや海外投資のストラクチャリング業務に従事。その後、フェアコンサルティンググループにて移転価格税制の支援や国際税務業務を従事したのち、同グループのシンガポール、マレーシア事務所の立ち上げを行う。マレーシアでは事務所長として100社以上の進出支援を行うとともに、買収など多くのグローバル投資案件に関与する。その後、KPMG税理士法人へ復帰し、FinTech部門のディレクターとして多くのIT企業やベンチャー企業の税務戦略、M&A及び資本政策を支援した。2018年平松国際税理士事務所を開業。

経歴

経歴概要
1998中央大学卒業後、大手アパレルメーカーにて主に百貨店などのルートセールスの営業を行う。
2000税理士として企業を支援することを目指し、退職。
2002KPMG税理士法人トランザクションアドバイザリー(TAG)部門に入社、税理士試験合格(法人税、消費税、固定資産税、簿記論、財務諸表論)、不動産投資証券化、リース商品の組成など特殊業務及び国内および海外のM&Aのためのデューデリジェンス、ストラクチャリングなどの投資案件に従事。約8年間勤務したのち退社。退社時の職位はマネージャー。
2010税理士法人フェアコンサルティングに入社。国際税務、移転価格などのプロジェクトに関与するとともに、シンガポール、インドネシアなどの新規拠点の事務所の立ち上げを支援する。
2013マレーシアでの新規事務所の立ち上げのため、フェアコンサルティングマレーシアに出向。マレーシアで日系企業の進出支援、会計・税務業務を行うとともに、所長として約30名の現地スタッフをマネジメントする。2016年退社。
2016KPMG税理士法人フィンテック(FinTech)部門にディレクターとして復職。IT及びベンチャー企業の再編、連結納税導入などの税務戦略、資本政策などを支援するとともに、大企業のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)の設立支援、デューデリジェンス、ストラクチャリングなどの国内外のM&Aを支援する。2018年退社
2018平松国際税理士事務所を開業

弊社の強み

①ベンチャー、中小企業支援
企業の創業期は、税務戦略より経理の安定化や資金調達が主要なミッションとなります。弊所ではクラウド会計の導入により、経理の効率化を図るとともに、事業計画を策定し、補助金収入や豊富なネットワークによる資金調達支援を行います。また、ストックオプション制度の導入によるインセンティブプランの設計を支援します。
②税務戦略サポート
企業が安定期に入ると、税務コンプライアンスの向上と税負担を軽減させる戦略が必要となります。弊所では税務顧問業務によるきめ細やかな税務コンプライアンス支援を行うとともに、「試験研究費の税額控除」などの政策的な減税制度の導入や組織再編、連結納税の導入などのグループ企業の所得と損失を相殺することによる税負担の軽減などの支援を行います。また、事業承継を考慮した資産管理会社の設立と保険を使った節税スキームなどの提案を行います。
③海外進出支援
日系企業の海外進出は、弊所の強みの一つとなります。海外赴任者の個人所得税の支援をはじめ、軽課税国を利用した租税回避スキームを防止するタックスヘイブン対策税制や海外子会社との取引価格を考慮した移転価格税制など国際税務の支援を行います。また、効果的な投資回収を図るための投資ストラクチャリングの検討や海外投資のためのデューデリジェンスを行います。 また、海外子会社の管理業務の支援を行います。

著書、雑誌投稿等

税理 2010年9月号 「非居住者との取引(1)報酬・給与等」
KPMG Insight 2016年1月号(Vol.22)「高額特定資産を取得した場合の消費税の納税義務の免除の特例」
KPMG Insight 2017年5月号(Vol.24)「タックスヘイブン対策税制の改正のポイント」

ページ上部へ戻る